epelでインストールしたagのバージョンが古かったことが気になり、新しいバージョンのパッケージがないか探してみたが見つからなかった。

仕方ないのでソースからインストールするためagのソースを展開したところ、specファイルがあった。それならrpmパッケージにしてインストールしようと思い、調べながらやってみた。

OSのバージョンは6.6。

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.6 (Final)

まず、rpmbuildコマンドを使ってtarファイルから直接ビルドしてみた。

$ rpmbuild -ta the_silver_searcher-2.0.0.tar.gz
エラー: ビルド依存性の失敗:
    pcre-devel は the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.x86_64 に必要とされています
    xz-devel は the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.x86_64 に必要とされています

必要なパッケージがないというエラーになったので、メッセージに従ってパッケージをインストール。

$ sudo yum install pcre-devel xz-devel

そして、再びビルドした。

$ rpmbuild -ta the_silver_searcher-2.0.0.tar.gz
実行中(%prep): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.YH5hx1

...

Processing files: the_silver_searcher-debuginfo-2.0.0-1.el6.x86_64
伸張ファイルの検査中: /usr/lib/rpm/check-files /home/te2u/rpmbuild/BUILDROOT/the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.x86_64
エラー: インストール済み(ただし未伸張)ファイルが見つかりました:
   /usr/share/zsh/site-functions/_the_silver_searcher


RPM ビルドエラー:
    インストール済み(ただし未伸張)ファイルが見つかりました:
   /usr/share/zsh/site-functions/_the_silver_searcher

今度は別のエラー。調べてみると、これはパッケージするファイルとインストールしたいファイルのリストに差があると起きるエラーのようで、それを無視するマクロを定義すれば回避できる。

しかし、このマクロはspecファイルで記述するもの。今はtarファイルからのインストールを試しており、このためにわざわざファイルを展開してspecファイルを編集したくない。

そこで他の方法を調べたところ、rpmbuildコマンドにマクロを定義できるオプションがあったので、それを試してみた。

$ rpmbuild -D _unpackaged_files_terminate_build 0 -ta the_silver_searcher-2.0.0.tar.gz

これでビルドが成功し、パッケージができた。

$ ls ~/rpmbuild/SRPMS
the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.src.rpm

$ ls ~/rpmbuild/RPMS/x86_64
the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.x86_64.rpm  the_silver_searcher-debuginfo-2.0.0-1.el6.x86_64.rpm

さっそく作成したパッケージをインストールしてagを最新版にした。

$ sudo yum install ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/the_silver_searcher-2.0.0-1.el6.x86_64.rpm

agコマンドでバージョンを確認して完了。

$ ag --version
ag version 2.0.0

Features:
  -jit +lzma +zlib

参考

  • specファイルからrpmbuild時にInstalled (but unpackaged) file(s) found となる - Qiita
  • 9.5.7. Handling RPM build errors for unpackaged files
  • Building RPMs - Notes